家庭用脱毛器でセルフケアと美容脱毛。あなたはどっち派?

セルフケアと脱毛サロンを比較してみました。

家庭用脱毛器でセルフケアと美容脱毛。あなたはどっち派?

エステサロンで美容脱毛をすると思い立ったのに、気になる情報を知りました。
それは美容家電(家庭用脱毛器)を使えば、セルフケアでもエステサロンと遜色ない仕上がりになるということでした。
自宅で手軽にムダ毛処理ができるなら、高いお金を払って美容脱毛する必要がないということです。
そこで早速、美容家電によるセルフケアのメリットとデメリット、美容脱毛のメリットとデメリットを比較してみました。

人気の美容家電の特色は、光フラッシュ脱毛が採用されていることです。
そもそも、家庭用脱毛器にはレーザー式と光フラッシュ式、サーミコン式などがあります。
レーザー式は光脱毛より出力量がそれなりに大きく脱毛効果はあるのですが、照射領域が狭いこと、痛みがあることがデメリットといえます。
なお、出力量がさらに高く脱毛効果に優れたレーザー脱毛は医療機関にしか許可されていません。
サーミコン式の脱毛器は熱線でムダ毛を切り取るものですが、脱毛効果はそれほど期待できないというユーザーの声が多かったみたいです。
家庭用脱毛器で自己処理を行っている人の間で高い評価を得ているのが、フラッシュ式の光脱毛で「ケノン」という商品です。
価格は7万円以上するのですが、業界最大級の照射範囲をもち、痛みが少ないこと、加えてカートリッジ交換式で照射1回当たりのコストが0.038円というパフォーマンスの良さも魅力です。

こうして調べてくるとますます気になるのが、家庭用脱毛器「ケノン」を使った自己処理と、脱毛サロンやエステサロンとの差はどの程度あるのかということでした。
実際に両方を体験した人の話を聞くことができました。

結論から言うと、脱毛効果に差は認められなかったわ。
ケノンの良い点は、予約の必要がない、ワキはもちろん気になる部位を全部できるなどだけど、自分でやらなくちゃいけないことと、手の届かない背中などは無理。
脱毛サロンはその逆で、予約を取ったり通ったりする手間はあるけど、あとはスタッフにお任せすればいいのでラクチン。
ワキ脱毛だけだと、最近は脱毛サロンも100円や500円、高くても1万円~2万円で無制限でやってくれるから、7万円の器具を買うよりオトクかもね。

あなたなら、どちらを選びますか?