美容家電の脱毛効果はどうですか?

セルフケアと脱毛サロンを比較してみました。

美容家電の脱毛効果はどうですか?

自宅でワキ脱毛などができる美容家電が密かな人気です。
密かというのは、まだ多くの女性がカミソリなどでムダ毛の自己処理をしている現実があり、家庭用の美容家電(脱毛機器)を購入してまでという人はそれほど大きな流れになっていないからです。
でも、自己処理派の人にとっては、「美容家電って脱毛にはどれくらいの効果があるのかしら」と興味深いところでしょう。

そこで、美容家電(脱毛機器)の売れ筋と効果について、クチコミランキングなどを参考にしながら、解析してみたいと思います。
「ケノン」と「トリア」って耳にしたことはあるでしょう。
美容家電を使った自己処理による脱毛では、この2つがトップブランドです。
ダントツと言ってもいい感じです。
それぞれには異なる特性があります。

トップブランドである「ケノン」から見ていきましょう。
この脱毛機器はフラッシュ脱毛(光脱毛)が採用されていて、痛みが少ないのが人気です。
「光脱毛ってサロンなどで使われてるのと同じ?」と考えた方、スルドイです。
エステサロンや脱毛サロンと同じ脱毛技術ですが、違うのは、家庭用脱毛機器は安全性などを考慮して出力が弱めに設定されていること。
それだけ効果は低めです。

このことは2番人気の「トリア」にも言えます。
この機器の特徴は遠赤外線を用いたレーザー脱毛であること。
クリニックなどの医療用レーザーは永久脱毛といわれるほど脱毛効果に優れていますが、家庭用のレーザー脱毛機器はそれほど高出力ではありません。
レーザー脱毛だから即効果があると思って使用すると、効果は目立つほどではなく、痛みもあるので満足感が得られないようです。

さらに価格もかなりネックになります。
安い方の「トリア」でも5万円弱、「ケノン」は7万円台です。
これだけのお金をかけながら思ったような効果が上がらないなら、いっそのことエステサロンや脱毛サロンで美容脱毛するのも手ですね。